Just another WordPress site

2016年1月の投稿一覧

住宅ローンを申し込む時には何年で完済できるかを把握しておきましょう

2016年1月27日(水) 16:32

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方はまず完済までに何年の返済期間で申込むのか考えましょう。
大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。
殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。
思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時は事務手数料などが無料の銀行を選びましょう。
今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、長く続けられるように計画を見直しましょう。
まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。
せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態でガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。
大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。
契約した内容に個別でガン保険が組み込まれている保険もあれば、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。
またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。
こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。という特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

カテゴリー

Page Top

Copyright(c)住宅ローンを計算してみよう. All rights reserved.